発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

毛活研究所_発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い
今回は育毛剤の名称の違いについて検証します。

育毛剤で商品を検索すると、育毛剤・育毛トニック・育毛ローション・発毛剤・養毛剤・発毛促進剤・スカルプエッセンス・頭皮ローションなど、様々な名称の商品がみつかりますが、実はその区分について医薬品医療機器等法(旧薬事法)の明確なルールはありません。

名称にはルールはないのですが、その目的、配合された有効成分や効能・効果によって、大体は発毛剤・育毛剤・養毛剤の3つに分類されます。

【発毛剤】

 
目的:髪がない状態から、毛根や毛母細胞に作用して新しく発毛させる。
厚生労働省に認可された発毛効果のある有効成分が配合されている医薬品を指します。
体に作用する効き目は強く、症状の改善に早急につながりやすい半面、副作用などのリスクがあります。

※発毛促進剤
一般用医薬品には発毛剤でなく、発毛促進剤と呼ばれるものがあります。
これは製品に配合されている有効成分が、発毛との因果関係が科学的に証明されていないためです。

現在厚生労働省が発毛すると認めている成分は「フィナステリド(フィナステライド)」「ミノキシジル」「デュタステリド」の3つだけです。
つまりこの3つの成分が配合されていないと厳密には発毛剤と呼べず、効果・効能に発毛と表記できません。

しかし頭皮の毛細血管を拡張する効果や、毛母細胞の働きを活発にする効果などがあり、発毛するとは言えなくとも発毛を促す効果は認められる成分が配合された、発毛剤に比べたら効果は薄いレベルの育毛剤の場合、効果・効能に発毛促進と表記することができるので発毛促進剤を呼ばれることがあります。

例であげると下記のような製品があります。
・第二類医薬品:第一三共ヘルスケアのカロヤンS、田村治照堂のハツモール
・第三類医薬品:第一三共ヘルスケアのNFカロヤンガッシュ・カロヤンプログレ

【育毛剤】

 
目的:頭皮の環境を整えることで抜け毛を抑え、髪を保護し、成長を促進させる。
効き目は期待できるという範囲ですが、養毛剤よりは高い効果が期待できます。

薬事法上の規制を鑑みると、育毛剤=医薬部外品と考えられるため「発毛効果」ではなく、「育毛効果」のあるものと考えられます。
しかし通常、育毛剤というと一般呼称として総合的な意味で使われることが多いため、医薬品や医薬部外品に指定されてる商品が多いのですが、化粧品の商品もあるので要注意です。

【養毛剤】

 
目的:頭皮の環境を整えることで抜け毛を抑え、今生えている髪を健康に保つ。
効き目は穏やかですが、その分手軽に利用しやすいタイプとも言えます。
養毛剤は化粧品の延長線上と考えられているので、発毛効果はもちろん、医薬部外品としての作用も認められていないものと考えられます。

 


育毛剤の効き目はその目的、配合された有効成分の効果・効能によって下記の順になります。

発毛剤 = 医薬品
・目的は治療であり、髪のない状態から髪を発毛させるもの。また発毛を促進させるもの

育毛剤 ≒ 医薬部外品
・目的は予防であり、頭皮環境を整えることで髪の成長を促進させるもの

養毛剤 ≒ 化粧品
・目的は美容・保護であり、頭皮環境を整えることで髪を健康に保つもの